04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

スレたクロ釣り・・・ 

今日はよう雨降りますね。
今夜から荒れ模様になるようです。

さてさて今回のお題にあるスレたクロ釣り。

年末に下五島の椛島に釣行した時の事です。
このエリアでは珍しく東側の磯で釣果が上がっているとの事でした。

私は後輩のマサルくんと同礁し、彼の釣りは全層沈め釣り。
私の釣りは半誘導仕掛け、道糸2号、ハリス2号、ウキはG2に同サイズのガン玉を直結へ1個打ちしています。
最初のアタリはマサルくんへ40オーバーの良型口太を掛けました。
私は朝一セオリー通りに瀬際狙いです。

しかし餌も盗られず、しつこく狙うも鬼カサゴの小さいのが1尾(笑)
徐々にポイントを沖へと狙いますがツケエが丸残りです。方やマサルくんは連荘で良型をビシバシ掛けてます。
仕掛けを2Bに変えて30cm刻みで狙いますが、ようやくツケエにかじられた跡が・・・
最初は寒グロ特有の現象かと思い、ハリを単軸にしたり号数を落としたり・・・
その脇でビシバシと良型を掛けているマサルくん。

この時、軽い仕掛けにすれば食って来るのは分かっていたのですが、「何故食い渋るのか?」が疑問だったからです。
水温は急激に下がっておらず安定していました。
2時間経ったころでしょうか、船長から電話があり「どげんですか?」と、食いが渋かバイ!
と答えると、「エサが入りすぎとるけんね~」

ここで何故食いが渋いか判明。
連日このエリアに釣り人が入りマキエが入っていたのでした。
五島の磯は九州でも魚影の濃さは一番ではないかと思います。
しかし日頃あまり釣師が入らない磯で、実績があまりない磯には良くある現象です。

こう言う状況ならいくらタナをきっちり取っての重い仕掛けでは、ツケエを咥えた瞬間に違和感を感じ、
ツケエを放してしまいます。

この時の釣りは隣でバンバン良型を釣られ少々焦りましたが、「何故食わんのか?」を突き止めたかったのです。
これもいつかは、役立つ引き出しになればと我慢の釣りをしました。

理由が判明してからは速攻で軽い仕掛けに替えて1投目で良型をキャッチし残りの時間を楽しみました。

食い渋るクロ!
大分のスレた食い渋るクロ釣りとまた違ったクロ釣りでしたが、非常に勉強となった釣行でした。

そして私達のポイントからは、500メートルも離れてないポイントに仲間が上がってましたが、
浅ダナでビシバシ食って来たそうでイグロ満タンの釣果でした。
同じエリアに行ってこれだけ違うのですから釣りは面白いですね。

下五島磯

今回の記事内容と違う磯の画像です。

ここも数年前は超1級ポイントだった磯です。


本日もポチっと一押しのご協力お願いします。
   ↓
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

[edit]

« THE フィッシング!  |  夜釣り・・・ »

この記事に対するコメント

アドバイス

こんにちは。
それとなくのアドバイスと受け取りました(笑)
ありがとうございます。
初めての五島釣行、たくさんの期待と、少々の不安で、今からドキドキしています。
・・・喰い渋りませんように・・・(^^;

楽竿作者 #LvbWpVdY | URL | 2016/02/14 02:01 * edit *

Re: アドバイス

楽竿作者さん

コメントありがとうございます。
福江島周辺の釣果はまずまずだそうです。
楽しんで下さいね(*^_^*)

nao  #- | URL | 2016/02/14 21:12 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://turikichi7775.blog6.fc2.com/tb.php/1240-8db267f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

我が家の金魚です。

月別アーカイブ

天気予報

マルキュー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。