07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

五島 椛島釣行 

久しぶりのブログUPでございます。

今年の冬は寒い日が続きます。
毎日が5℃以下となり7~8℃となると温かく感じます。

ブログはUPしていませんが釣りには行ってます。
今回はお題にもある五島椛島釣行の様子をUPしたいと思います。

この釣行前に釣友と上五島にクロ釣りに行ったのですが型に恵まれず今回はデカバン狙いでした。
2月3日(土)に、このブログを通じて釣友になった、いさきさんをお誘いして丸銀釣センターさんへお世話になりました。

午前4時前に宮ノ浦港を出船。
野崎島へ行くか下まで下るか?とりあえず野崎島へ行ってみ事に・・・

到着してみると人・人・人・・・
上がるとこなくて船首は椛島へ!

約1時間するとエンジンがスローになり表に出ると佐尾鼻周辺です。
ここも釣り人が占めており、「ろうそく」に一人ベテランの方が上がりました。
年配の方でしたが、瀬泊まりでもするのか?って言う位に荷物が多い(笑)

再び走り出し椛島へ到着!
真っ先に名前を呼ばれ天見け浦を過ぎて地磯へ上がりました。
足場も良く釣りやすいポイントでした。

早速仕掛けを組んで第一投目!
ラインが走りアワセを入れるとまずまずの引き。
35cmクラスが釣れ、それから一投毎に釣れますが型が小さい。
しばしリリースするも型が上がらず風が強くなり始め雨まで降ってきました。
段々風が強くなり早めの回収になるかもしれないと思い、型が小さい分もキープし始めました。

ここで沖に潮目が現れ狙いを絞ります。
これが正解で型も少し良くなりました。しかし一段と風が強くなり爆風へ・・・
合わせて雨からアラレへ・・・

横風&爆風での遠投はかなり厳しく、仕掛けが狙ったポイントに入ってもマキエを同調させないと
食ってきません。
ここからひたすら我慢の釣りでした。

沖には草島が見えます。
椛島②

いさきさんも爆風の中、良型を!
いさきさん

釣り方はロングハリスに沈め釣り。
従ってアタリはラインが走るか穂先でアタリを捉えるしかありません。
爆風では、アタリが取りづらく風でロッドが持っていかれたと思ったらアタリだったり
アタリと思ったら風の仕業だったりと技術を要するよりも爆風と冷たくて指が千切れそうな
冷たさに耐えれるか・・・まさにドMの釣りでした(笑)

今回お世話になったマリンアスリート!

マリンアスリート
デカイしエンジン音も静かです。

帰りは大時化で寝ていたのですが身体が何度も浮き上がりました。

年末からデカバン釣ってないのでまた行くかも ψ(`∇´)ψ ケケケッ


久しぶりにぽちっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

[edit]

« もう雪はいらんです!  |  辛麺! »

この記事に対するコメント

初めてコメントさせていただきます。
福岡市在住の者です。

椛島は何度も行きましたがいつも釣れません(笑)
悪天候の中釣られていますので凄いです。
よろしければ当日の仕掛けや、どんな釣りを考えて
対応したのか教えていただければ幸いです。

初めてのコメントで厚かましくすみません。

masami #- | URL | 2018/02/05 17:41 * edit *

masamiさん

コメントありがとうございます。

全然凄くないのですが(笑)
椛島は五島でも指折りのデカバンエリアです。
しかしこの時期は、北西の風が強くなり上五島にも
なかなか行けないので直行便が、ほとんどこの椛島に
集結します。
よって毎日のようにマキエが入るため、魚がスレてきます。

五島やけん、絶対釣れる!
とはいかないのがこの椛島です。

当日の仕掛けは以下の通りです。

ロッド:がまかつ アルマ 1.5号 500
道糸:東レ スーパーストロング 2号
ハリス:東レ スーパーLEX 2号~1.7号
ウキ:釣研 エイジアマスターピースLC 03
ハリ:グレバリ 6号~4号 (短軸タイプ)

このような仕掛けです。
ウキは着水後、なじむ前に沈み始めます。
沖の潮目を狙ったのでこのような仕掛けとなりました。
重たい仕掛け(B以上)は、ツケエはついばむものの
違和感を感じて外してしまうのでガン玉は打ってません。
マキエとサシエの同調を意識しゆっくり落として食わせる
イメージでした。

後はその時の潮の流れでウキの浮力を変えるか、ガン玉を
打って調整するか魚の反応(タナ)を意識しながら仕掛けを
選択するイメージです。

アバウトな部分もあると思いますが、釣りはアバウトを繰り返し
その時に合わせたパターンを見つけて行くことが大事だと思います。

少しでも参考になれば幸いです<m(__)m>

nao #- | URL | 2018/02/05 18:34 * edit *

返信ありがとうございます。

やはり軽い仕掛けなんですね。
私も何度か挑戦するもどうもイメージが湧かず何時もの半誘導でやってしまいます。
言われてみればウキを抑え込むアタリらしき動きはするのですが、エサを取られたり、かじられた後がありたした。
あれはグレの仕業なんでしょうね。

何もせずに沈んで行くウキの場合は鉛を打つ時に、付餌が残り反応があるタナまで探る時に打つんでしょうか?

masami #- | URL | 2018/02/07 17:13 * edit *

masamiさん

鉛の‘判断ですが、一番は潮の流れですね。
流れが強ければ馴染むように段打ちしますよ。
ご想像の通り餌を取れれない時も鉛を打って
タナを探ったりもします。
沈め釣りは、やってみると意外に簡単ですよ。
ラインを少し張り気味に、張っては緩めるを繰り返し
上から下まで探るイメージですね。
まずは遠投気味にやるとイメージが掴みやすいと
思います。

寒グロやスレたクロには、効果を発揮しますし、
半誘導で遠投の深場を狙うのは、大変ですが沈め釣りなら
難なく出来ますので是非チャレンジしてみて下さい。

nao #- | URL | 2018/02/09 21:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://turikichi7775.blog6.fc2.com/tb.php/1281-7bec2263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

我が家の金魚です。

月別アーカイブ

天気予報

マルキュー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。