11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

YAMASHIN CUP! 

少し温かくなった北部九州です。

さて週末は私が所属する礁和会の年に一度のYMASHINCUPへ参加しました。
ここ数年、仕事が忙しくなかなか行けなく数年ぶりの大会参加でした。
今回の大会の舞台は大分県南の蒲江でした。
この蒲江地区は、難しいと言われる大分県南でも比較的に活性も高く個人的には好きな
エリアです。

当日は集合場所である出船地へ4:00集合。
先ずは事務局から大会の要綱説明、顧問、会長の挨拶。
それからくじ引きを行い、私は14名参加の中13番目と一般の大会と同じように
いつも遅番です(笑)

遅番からペアで順に荷物を積み込みいざ出船!

15分程走ると蒲江でも超が付く一級磯の「イカダバエ」に4名が渡礁。
次から次へと名のある磯へ・・・

船長から「どこいくな?この後やったらワイヤーかスズキバエじゃの~」
迷いなく「スズキバエ」をお願いすると船長も「それがいいじゃろの~」(笑)
私はF井さんと同礁、F井さんと今日一日の検討を誓いあった。
F井さんは、蒲江はあまり経験無いようでこのスズキバエの良さをアピールした。

スズキバエ

まだ薄暗い中、F井さんと腹ごしらをし仕掛けを準備。
ここは、足元からハエ根が張り出しておりやり取りには注意が必要だ。
先ずは、仕掛けの用意。
釣研のハイパーレスキュー0αにガン玉6号を直結に、チモトに7号を打って馴染むと
じわじわとゆっくりと沈む仕掛けをセット。

1投目よりラインにアタリが出てアワセを入れるとまずまずの引き。
取り込んだのは35cmクラスのクチブトであった。
F井さんと情報をやり取りしながらすぐさま30cmクラスを追加。

F井さんもアタリを捉えロッドが良い感じで絞りこんでいた。
タモ入れしたのを見ると40cmオーバーの良型であった。

ここからは、釣れるものの型が足の裏サイズであの手、この手と投入地点やマキエの
投入地点、投入のタイミングと変化の度に釣れるものの一向にサイズUPが出来ない。
釣り開始一時間もすると、風が強くなり次第に爆風に・・・

数釣りだけなら30枚以上は釣っているがサイズUPどころか20cmにも満たない
クロばかりとなりました。
流石の良い磯も釣れなければ「ただの岩」です。
F井さんと瀬代わりを決めて10:00前には、瀬代わりの準備をした。

10時過ぎに船長が見回りに来て、瀬代わりを希望するも「どこも空いとらんちゃけどな」
これを聞いてF井さんと残る事を決めた。
しかし、無理にでも瀬代わりしとけば良かったと悔やむのはこの後だった(笑)

しばらくすると潜りの漁師がやって来て・・・
潜り漁師

それから下げの潮が動き出すとツケエが全く盗られず・・・ツケエが氷のように冷たい・・・

F井さんと頑張るものの生体反応がまるでなく納竿!

迎えに来た眞徳丸!
眞徳
数年ぶりに会った船長でしたが、いつもと変わりなく優しい釣り人思いの船長です。

回収後は検量。

優勝はベテランの瀧内さん。
伸二さんと瀧内さん
顧問である山本伸二名人とツーショット!

私は釣果があったもの微妙(笑)
自分

最後はみんなで並んで記念撮影。
礁和会

久しぶりに参加した大会でしたが、事務局や事業部の世話役さんが会員のみんなが楽しむために
準備から当日の仕切りなど完璧に段取りして頂き、感無量の大会となりました。

今年は、昔を思い出して積極的に釣行したいと思う素晴らしい大会でした。


本日もポチっとひと押しのご協力をお願いします。
   ↓
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

[edit]

« クッカーを新調しました!  |  週末は蒲江へ・・・ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://turikichi7775.blog6.fc2.com/tb.php/1284-03728618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

我が家の金魚です。

月別アーカイブ

天気予報

マルキュー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード